一般的な名刺の素材とは?

様々な名刺の素材がありますが、それぞれ値段にどれ程の差があるかご存知でしょうか?沢山の名刺を配られる方は少しでも一枚あたりの単価が安い方が良いですよね。自分が求めている素材がいくらするのか事前に確認しておきましょう。

名刺の一般的な素材として、バージンパルプ100%で、塗装されていない上質紙が使用されている事が多いです。表面はさらさらしており、表面と裏面両方に塗装がされていないので、印字がきれいにされ、ボールペン等での記入もしやすく、丈夫で破れにくいと言う多くの利点があるために多くの方に使用されています。このように上質紙は名刺にとって最適かと思われますが、もちろんデメリットもあります。上質紙は発色がされにくいので、色を必要とした写真等をきれいに表現する事は向いていません。このように、写真等をきれいに表現したい方は他の素材を検討しましょう。例えば、OKマットポット、マット用紙の中でも厚手なので、インクが良くのり、写真をきれいに表現するのに最適です。他にはミラーコートと言う表面が鏡のようにピカピカしており、こちらも写真をきれいに表現する事ができます。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

Leave a Reply

free blog themes